自動車産業

PHET®「リン酸鉄リチウム電池」を選択する優位性

耐厳寒、高安全で航続距離を保持

PHET®リン酸鉄リチウム電池の使用寿命は長く、充放電サイクルは2,000回以上に達します。これは一般的な鉛蓄電池の7倍です!且つ-45℃~75℃の高低温に耐えられ、寒冷環境中でも安定した大電流放電を維持し、容量低下の状況を回避し、卓越した航続距離を保持します。 DOBPCS®システムを組み入れると、搭乗者に最安全な保護を供給します!

リン酸鉄リチウム電池の快速充電、時間短縮の上に省エネ!

長い充電時間が消費者の電気自動車への関心を遠ざけていましたが、PHET®リン酸鉄リチウム電池は快速充電が可能で、通常鉛蓄電池が8~9時間の充電時間であるのに対し、PHET®リン酸鉄リチウム電池は平均2~3時間で充電完了できます。快速充電で高効率です!

無汚染・低排出で、エコ蓄電をリードする

日々深刻になっていく環境汚染問題に対し、各大手自動車メーカーはHEV(ハイブリッド車)或いはEV(電気自動車)の製造を開始しました。市場需要への対応と科学技術の新技術への発展以外に、環境保護問題の自動車産業による重要性を示しています。必翔電能が量產するリン酸鉄リチウム電池は現在市場で最も優れた環境保護蓄電池です。SGS認証をパスし、欧州のRoHS規定に符合しています。原材料は汚染性がなく、電池の使用と交換は環境を傷つける事がなく、自動車産業の応用の需要を有効的に満たします。

高エネルギー密度と軽量小型で、最大の空間設計を実現

車体内部の電池の使用スペースと重量は、電気自動車設計で主に考慮される点の一つです。必翔電能が生產するリン酸鉄リチウム電池は小型軽量の上、高いエネルギー密度を保ちます。安定大量放電するのに大きなスペースは必要ありません。電気自動車に最大空間を確保し、車体の軽量化を実現できます。

電池交換コストの固定化で、ガソリン代の心配とさようなら

機能の継続進化と向上の他、卓越した走行力の確保と同時に、PHET®リン酸鉄リチウム電池はガソリン代の上下が自動車産業にもたらす影響をなくします。電池交換コストの固定化は自動車の維持費を削減し、従来の電気自動車がコスト面により使用率をあげあれなかった問題点を克服しました。

電池の使用効率を上げ、走行距離を向上させます

電池の容量は電気自動車の性能とコストを決定します。PHET®リン酸鉄リチウム電池が提供する安定した大電流の高効率放電は、同等の電池容量の下、走行距離を増加させました。一般大衆の電気自動車性能への憂慮を排除し、電池使用效率の上げる事により、電気自動車に更に卓越した継続走行力を与えます。また車体スペースと電池ジュールの設計により、あなたの走行距離を更に伸ばします。

持続的な創造と革新で、必翔は世界初の電気自動車モジュールを造るまでに発展しました。駆動システムと電動システムを整合させる事で、アジア初の「超小型モビリティ」を開発し、欧州規格認証を獲得しました。同時に自社ブランドACHENSA®(アチェンサ)をヨーロッパで販売し、台湾の電気自動車メーカーが初めて国外販売した記録を作りました。

必翔電能の研究開発は電池産業を革新し、生産するリン酸鉄リチウム電池は大型電気自動車(例え:電動公共輸送具、観光バス、EV、HEV等)への応用レベルに達しており、エコエネルギー産業で開拓先導者の役割を担っています。